免疫細胞療法|樹状細胞を主軸とした先進・高度ながん免疫細胞療法を提供する東京・赤坂【HASUMI免疫クリニック】

Immune Cell Therapy免疫細胞療法

自らの免疫細胞を増強することで
がん細胞をはじめとする異物から身体を守る先進的治療法

自らの免疫細胞を
増強することで
がん細胞をはじめとする
異物から身体を守る
先進的治療法

免疫細胞療法とは、免疫の力を利用して、がんを攻撃する治療法です。
患者さんの身体から、がん細胞を攻撃する働きをもつ「免疫細胞」を取り出し、
その働きを強化したのちに再び身体に戻します。
患者さんご自身の細胞を使うため副作用が少なく、
QOL(quality of life:生活の質)を維持しながらの取り組みが可能な治療法です。

HITV/
preHITV
Human Initiated Therapeutic Vaccine

免疫システムの要となる
樹状細胞の能力を活かした、

がん治療および予防セラピー

長年の免疫療法研究・開発から生まれ、
進行がんや再発がんの治療に特化した独自の免疫療法として「HITV療法」があります。
HITV療法はステージIVの進行がんと再発がんに特化した、免疫システムの司令塔と呼ばれる「樹状細胞」を活用する免疫細胞療法です。

また、そのHITV 療法のがん抑止力をがん予防へ転用させたのが、「preHITV療法」です。
preHITV療法は、日常生活において遺伝子のコピーミスや損傷によって発生する「がん化」の“芽”を潰し、がん治療後では再発・転移の原因となる微小がん細胞を排除する働きを
有します。

【HITV療法の適応条件】
ステージIVまたは再発がんの診断を受けた方。ただし、白血病などの血液がんや基礎体力のない方(自立歩行や経口摂取が困難な方など)は適応になりません。

【preHITV療法の適応条件】
基本的に適応となるのは、健常者およびステージIIIで手術を済まされた方です。

FeaturesHITV療法/preHITV 療法の特長

  1. 01

    免疫の要となる樹状細胞の働き

    免疫システムにおける樹状細胞の役割は、異物の情報を学習し、その情報を攻撃担当の免疫細胞に伝えることにあります。

    高い攻撃力をもつ免疫細胞は、樹状細胞がもたらしてくれた情報をもとに、敵となる異物を攻撃します。つまり、免疫細胞がどれほど効果的な攻撃を仕掛けられるかは、樹状細胞の情報の正確さ・精密さが重要となります。

    preHITV療法は、この樹状細胞に加えて、樹状細胞の学習能力を高める活性化リンパ球も併せて培養・投与することで、さらに高次元での治療効果および免疫力アップを目指します。

  2. 02

    高度な医療技術による樹状細胞の投与

    樹状細胞の機能を可能な限り引き出すためには、樹状細胞に正確かつ高精度にがんの情報を学習・獲得させることが必要です。

    当院独自の医療技術である「CT ガイド下腫瘍内投与/動脈投与」は、CTによるリアルタイム画像を確認しながら、樹状細胞を腫瘍内または動脈に直接注入します。これにより樹状細胞は患者さま自身の腫瘍の中に存在する複数のがん情報を学習・獲得することができ、より高い治療効果が期待できます。

  3. 03

    高品質な樹状細胞を生み出す培養技術

    蓮見癌研究所内に「細胞培養加工施設(CPC = Cell Processing Center)」を有しています。

    「再生医療等の安全性の確保等に関する法律」に則り、厳しい条件をクリアし、優れた性能を有した設備になります。さらに、経験豊富な細胞培養士が多数所属していることも、“良質な樹状細胞”を産み出すポイントです。

ProcedureHITV療法/preHITV療法の流れ

HITV療法/preHITV療法は、
次のような手順で施術されます。
  1. Step 01

    「治療計画」を立てる

    患者さまの病状や治療経過などを総合的に考慮し、患者さまごとに効果的な治療計画を立案します。
    治療手順、効果などについて医師から丁寧にご説明いたしますので、内容にご納得いただいたら治療スタートです。

  2. Step 02

    特定の血球・血漿を
    摂り出す

    アフェレーシスとは、血液を高速回転で遠心分離し、治療に必要な特定の血球や血漿を取り出すことです。2~3時間かけて樹状細胞や、活性化T細胞のもととなる単核球、細胞培養に必要な血漿を採取します。

  3. Step 03

    樹状細胞と活性化T細胞を培養する

    アフェレーシスによって採取された成分は、蓮見癌研究所「細胞培養加工施設(CPC)」に送られ、そこで樹状細胞と活性化T細胞が培養されます。細胞の培養期間は、基本的に約4週間です。(採取された成分の状態によって培養期間は変わります。)

  4. Step 04

    CTガイド下で腫瘍または
    動脈へ直接投与

    培養した樹状細胞をCTでリアルタイムに画像確認しながら患者さまの腫瘍内または動脈内へ投与します。投与された樹状細胞は約24時間で抗原認識(異物としてのがん情報の学習)を終えます。

  5. Step 05

    T

    静脈へ点滴で

    樹状細胞の投与から24時間~48時間経過後に、活性化T細胞を静脈へ点滴で投与します。活性化T細胞は、がん細胞を排除する“キラー活性”を強めるとともに、樹状細胞の機能を免疫学的に記憶させる働きがあります。

    ※ Step.4、Step.5を治療計画に基づき数回繰り返しますが、基本的にHITV療法は1回~3回(3か月程度)、preHITV療法は年間3回~6回程度の治療回数となります。
  6. Step 06

    PET-CT検査で観察

    PET-CT検査などの画像診断をもとに、定期的に状態を確認します。治療評価はデータをもとに担当医が慎重に行います。評価に応じ、次の治療計画を患者さまと一緒に立案します。

    ※HITV療法はICVS東京クリニックでも行っております。
    HITV療法について詳しくはこちら

Immune Cell Therapy

標準治療とともに
補助的に用いることで
より高い効果が期待できる
免疫細胞療法

  • NK細胞療法

    自然免疫に属するNK 細胞を体外で増殖させ、再び体内へ戻すという療法。NK細胞は常に血流に乗って体内を巡回し、異物を発見すると即座に攻撃を仕掛け、それを排除する働きがあります

  • LAK療法

    患者様のリンパ球を体外で活性化させ、再び体内へ戻すという療法。主にQOL を高めるために用いられます。

  • γδT療法

    T細胞のなかに、ほんの数%存在するγδ(ガンマ・デルタ)T細胞という免疫細胞を用いた療法。γδT療法は樹状細胞などの抗原提示が無くてもがん細胞に対して、攻撃を仕掛けます。

〒102-0094
東京都千代田区紀尾井町4-1
ニューオータニガーデンコート1F

◆診察時間:
午前9:00~12:00/午後13:00~17:00
◆休診日:土・日・祝日

当院は予約制となります。
お電話・FAXまたはお問い合わせフォームよりご連絡ください。
FAX
03-6685-7749
  • ICVS東京クリニック
  • ICVS Tokyo Clinic V2
  • 聖ヶ丘病院
  • 聖の郷
  • 永山病院
  • 田中クリニック
  • HASUMI免疫クリニック ニキビワクチン外来
  • 免疫療法コンシェルジュ
Access

地下鉄丸の内線・銀座線「赤坂見附駅」
紀尾井町口:徒歩3分
地下鉄半蔵門線「永田町駅」
7番出口:徒歩5分
地下鉄有楽町線「麹町駅」
2番出口:徒歩10分
JR・地下鉄丸の内線・南北線「四ッ谷駅」
麹町口:徒歩15分